寄せる脂肪もない…無乳でお悩みの人必見のバストアップ法

 

胸がないこと、すなわち無乳がコンプレックスになっている女性は多いです。

 

薄着になるのが恥ずかしい…
海や温泉に行けない…
彼氏に嫌われるのではないかと不安…

 

など、いろいろな理由でバストアップをしている人がいます。
よくマッサージはバストアップに効果的と言われますが、
寄せて上げる脂肪すらない!という痩せ型さんの場合、
まずは他の方法でバストアップしやすい体質をつくる必要があります。
ここでは無乳を解消する効果的な方法をご紹介します。

 

無乳を解消する3つの方法

 

ある程度体に脂肪がついている場合はマッサージで寄せてバストアップすることは可能ですが、
痩せ型・無乳の人の場合はまずバストを大きくしやすい体質をつくるところから始めましょう!

 

食事をしっかりとる!

 

 

まずは食事を3食きちんととり、栄養をしっかり摂取しましょう。
バストへの栄養もそうですが、体全体の肉付きが良くなることでマッサージや補正下着など、
他のバストアップ法もできるようになります。
炭水化物、たんぱく質、野菜などバランスのとれた食事で短期間での2〜3キロアップが理想です。

 

その中にバストアップできる食材を取り入れるとより効果的です。
大豆食品は体内で女性ホルモン“エストロゲン”と似た働きをしてくれます。
エストロゲンはバストアップだけではなく丸みのある女性らしい体つきをつくってくれます。
バストアップをするときには積極的に摂取したい食材です。

 

女性ホルモン“エストロゲン”は、大豆だけでは必要量を摂取するのが難しいこともあります。
大豆ではなく、バストアップサプリを飲む方がはるかに効率的です。

数あるバストアップサプリの中でも「ベルタプエラリア」は効果を実感している人が多いので、
おすすめです。
         ↓↓↓

 

>>バストアップサプリ「ベルタプエラリア」はこちら

 

 

睡眠をしっかりとる!

 

 

バストアップで見落としがちなのが睡眠の効果です。
バストを大きくする成長ホルモンは夜寝ている間に多く分泌されます。
また昼間とった栄養がバストに運ばれるのも夜寝ている時間帯です。
質のいい睡眠をしっかりとるだけでもバストアップ効果があるのです。

 

特に夜22時から翌2時まではホルモンの分泌がより活発になりますので、
最低でもその時間帯にはぐっすり寝ていられるように工夫しましょう。

 

冷えを改善する!

 

 

無乳の人、痩せ型の人には体が冷えている人が多いようです。
体についている脂肪が少ない分、冷えやすいという特徴があります。

 

女性ホルモンや成長ホルモン、食事からとった栄養などは血液によって運ばれます。
体が冷え血行が悪くなると、それらがバストへ届きにくくなります。
またバストにつく脂肪も硬くなってバストアップしづらくなってしまいます。

 

食事に生姜や香辛料を取り入れる、半身浴をする、
室内でも上着や靴下を着用して体を冷やさないようにする
など、
普段から体を温める工夫をしていきましょう。
適度な運動もおすすめですよ。
血行を良くし、睡眠の質も上げてくれます。

 

基本をしっかり!バストアップ体質を手に入れる

 

無乳でお悩みの人の場合はまず体質を改善することが大切です。
バストアップしやすい土台を作り、それからマッサージなどでアプローチしていく方法が効果的ですよ。
普段の生活を意識して変えていきましょう。

 

またバストアップサプリで女性ホルモンを増やすことも効果的です。
無乳の人は冷え、栄養・睡眠不足などで女性ホルモンが不足しているからです。

 

 

「ベルタプエラリア 」なら高品質のプエラリアミフィリカという成分が女性ホルモンを増やし、
短期間でバストアップが期待できます。
ぜひ試してみてくださいね。

 

 

>>ベルタプエラリアはこちら